歌の練習に適した曲の条件

歌唱力アップのための曲選び!

歌の上達のための近道を考える

これから歌の練習をするにあたって、どのような曲を選んで練習したらよいのかお困りの方もいらっしゃるでしょう。 練習に適している曲というのはいくつかあるのですが、まずはやはり自分の好きな曲、他にも、自分が得意としている曲から練習を始めてみるとよいかもしれません。

まずは好きな曲を歌う

歌を上手にうたえるようになりたいと思うきっかけは、人によってさまざまでしょう。
バンドのボーカルとして活躍したいから上達したいと考える方もいれば、音楽のテストがあるから上手く歌いたいという人もいるかもしれません。
他にも、友達とカラオケに行った際に、上手に歌い目立ちたいというようなケースもあるのではないでしょうか。
どんな理由であれ、歌を上手にうたうことができれば、それだけで自分に自信がつきますし、自己表現の手段としての幅が広がります。

歌が上達することには、さまざまなメリットがありますので、きっかけは何であれ歌を上手くうたえるようになりたいという気持ちがあれば、ぜひ練習してみるとよいでしょう。
とはいえ、ただやみくもに歌の練習をするのは、あまり効率のよいやり方では残念ながらありません。
物事には何事にも手順があるように、歌の練習をするうえでも、その手順を考えたうえでおこなった方がよいでしょう。

練習する環境を整えたり、歌う曲を考えたり、また、きちんとしたトレーニング法を取り入れてみたりなど、上達を目指すためにこだわりたい部分というのは沢山あります。
今回はその中でも、どんな曲を選んで歌えばよいのかという、曲のセレクトの部分に焦点を当てて説明していきたいと思います。
曲選びによっては、効率のよい練習にも、逆に効率の悪い練習にもなってしまいますので、曲選びのポイントというのをしっかりと抑えていきましょう。

歌の上手な歌手から学ぶ

世の中には、さまざまな歌手がいますが、その中でも特に歌が上手だと感じる歌手もいれば、残念ながら歌唱力が不足しているなと感じる歌手もいるでしょう。 自分自身が目指すところは、もちろん歌が上手な歌手の方ですから、そのような歌手から学んでみるのも勉強になるかもしれませんね。

不得意なジャンルの曲に挑戦

一言で歌といっても、世の中の曲には実にさまざまなジャンルがあり、例えばポップス曲もあれば演歌もありますし、ジャズもありますよね。 普段、歌の練習をするにあたって、歌っている曲のジャンルに偏りはありませんか? 今一度、自分がどんなジャンルの曲を歌っているか、見直してみるとよいでしょう。

Topへ
戻る▲